楽しく走るためのおすすめランニンググッズ >>

【On】クラウドウォータープルーフは蒸れる?サイズ感・履き心地をレビュー!

ランニングシューズレビュー
けーたろ
けーたろ

どうも、けーたろ(@KEN_running42k)です。

以前にonの「クラウドベンチャーウォータープルーフ」のレビューをしましたが、普段使いとしてはちょっと使いにくくサイズも合わなかったということで今回はスタンダードの「クラウドウォータープルーフ」を試してみました!

最初からこっち買えば良かったなと後悔していますがどちらの良いところを知ることが出来たのでいいでしょう。

クラウドウォータープルーフはとても履きやすくて防水・防風ということで梅雨の時期や雨の日にはすごく役立ちました。

記事の内容
  • クラウドウォータープルーフの履き心地・サイズ感
  • クラウドベンチャーとの比較
  • どんな人におすすめ?

個人的にはすごく気に入り雨の日も濡れることを心配することなく過ごせるのでとても快適な一足になっていると思いました。

スポンサーリンク

「クラウドウォータープルーフ」徹底レビュー!

クラウドウォータープルーフOnの防水ランニングシューズです。なかなかランニングシューズで防水機能があっても雨の日がすごく多い訳じゃないしわざわざ履き替えるは面倒ですが普段使いとしては良いなと思ったので買ってみました。

雨の日は靴下が濡れる、足がふやける、水溜りをいちいちジャンプしなければいけない、履き心地最悪、不愉快。雨はみんな得意じゃないと思います。それでも快適に過ごせることを可能にしたのがクラウドウォータープルーフです。

NIKE 公式オンラインストア

見た目は普通のランニングシューズ

Onの爆弾マークの中にある雲の中から普通のランニングシューズが出て来ました。

けーたろ
けーたろ

爆弾マークは初見で思ってしまっただけです。偏見ではありませんよ!

最初みた時は防水なのか疑ってしまいました。アッパーはメッシュになっているし、Onのシューズの特徴的なボコボコソール。間違えて買ってしまったか焦りますよ(^_^;)

防水シューズなのに履き心地抜群!

防水シューズと聞くとやっぱり強度があって硬いイメージを持っていましたが、クラウドウォータープルーフは普通のシューズと履き心地が変わりませんでした!

歩きやすいし足運びもスムーズなので驚きました。デザインもいいので街歩きでも違和感ないと思います。

メッシュアッパーでも水弾く!

一番気になっていたのがメッシュのアッパーは本当に防水なのかということです。

実際に濡らしてみるとしっかり水を弾きました!これなら雨の日も濡れてしまうということを気にすることなく過ごせますね。

防水シューズだから蒸れる?

防水性能に加えて防風性能もあるので通気性が悪くて蒸れる心配が出てきます。私が使ってみた感じでは確かに普段のシューズよりは蒸れやすい傾向がありますがそれほど気にはなりません。

夏の暑い日に使うとなるとさすがに厳しいと思いますが、雨の日や寒い日には快適で保温効果もあるかと思いました。

シーンに合わせてシューレースの交換可能

送られてきた時についているシューレースは縛ったり解いたりする必要がないのでスッと履くことが出来るタイプです。

それと同時に普通のシューレースも一緒に付いてきました。ランニングやウォーキングなどちょっとした運動をする時にはしっかり縛れるシューレースに交換できるのでとても便利です。

サイズはワンサイズアップがおすすめ

私が履いている靴のサイズは25.5cmですがクラウドウォータープルーフに関してはワンサイズアップの26.5cmを思い切って買ってみました。

履いてみた感じだとちょっと大きかったかなといった感じでしたが使ってみると普通に丁度良い。簡易的な靴紐のおかげですごく履きやすかったです。

On公式サイトにはハーフサイズアップがおすすめされています。サイズ感は人それぞれですが私が使ってみた感じとしては普段使いをするならワンサイズアップランニングや運動に使うならハーフサイズアップがいいと思いました

私が思い切ってワンサイズアップを買った理由がOn公式サイトにあるサイズ検索機能を使ったからです。これがとっても便利でいつも履いているサイズかOnの別のシューズのサイズか他ブランドのシューズのサイズを指定するとおすすめのサイズを教えてくれるんです!

やり方はOn公式サイトで検索したいシューズを指定。

そのページのサイズ選択の中にあるものさしマークかサイズガイドを見ると下の方にサイズ検索機能があるので試してみてください。

重さ

重さは26.5cmで272gでした。思ったより重さありましたね。履き心地がいいので重さ自体は軽く感じると思います。

クラウドベンチャーウォータープルーフと比較

トレイルランニングシューズであるクラウドベンチャーウォータープルーフも履いてみたことがあるので、クラウドベンチャーとクラウドウォータープルーフの違いなどを比較してみました。

シューズ名使用シーンアッパー素材歩きやすさ通気性
クラウド
ベンチャー

アウトドア
硬めロード:△
山:○
×
クラウド
ウォータープルーフ
普段使い
ロード
柔らかめロード:◎
山:○

どちらも防水シューズなので雨には強いのはもちろんですが適切な用途に合わせて使うとシューズの良さ、履き心地、性能を最大限発揮してくれると思います。

歩きやすさでクラウドベンチャーは山道を歩いたことがないのでわからないという意味で丸になっていますがトレイル向きのシューズなので二重丸の性能はあるかと思います。

逆にクラウドウォータープルーフで山道を歩いたことがないのなんとも言えませんが、花見や自然観光など整地されたところでは活躍しそうだと思っての丸になっています。

普段使い・ロードランニングにおすすめ

クラウドウォータープルーフは普段使いとしてもかなり使い勝手がいいと思いました。デザインも悪くなくおしゃれだと思います。

本来の用途であるランニングにも雨の日には足を濡らすことなく快適に走れるのでグッドだと思いますよ。

シューレースが2つ入っているということは普段使いとしてパッと履きたい時とランニング用として足にフィットするように履きたい時と使い分けられるようになっているのかもしれませんね。

まとめ:雨に濡れたくな人は必見シューズ!

防水仕様になっているシューズはあまり見かけないですし、見た目が結構ごっつい感じになっている印象がありました。でも、Onのクラウドウォータープルーフであれば普段靴としてもいいし、雨の日も心配なく過ごせます。

メッシュになっているアッパーのシューズと比べると通気性はかなり劣ってしまうものの、密閉せれている感じはないので履き心地は良いです。

雨の日も普段靴で快適に過ごしたい人、雨の日のランニングで足がびしょ濡れになるのを避けたい人にはとてもおすすめですよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました