楽しく走るためのおすすめランニンググッズ >>

期待高まる「テンポ ネクスト%」と「フライイーズ」の価格や発売日について

ランニングシューズ

ナイキの厚底シューズの人気っぷりは衰える気がしません!ヴェイパーフライネクスト%の更なる上のシューズ「エア ズーム アルファフライ ネクスト%」が発売されてもう見た目は靴じゃありません(笑)

そんなナイキのアルファフライに続いて気になるシューズの登場が聞きました。それは「エア ズーム テンポ ネクスト%」と「エア ズーム テンポ ネクスト% フライイーズ」です。

記事の内容
  • ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%・ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト% フライイーズって何?
  • アルファフライトの違いは?
  • 価格はどのくらい?
  • 発売日っていつ?

これらのことについて調べたことを通して答えていきたいと思います。

スポンサーリンク

ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%

ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%はトレーニング用のシューズとして登場するようです。毎日のトレーニングや距離を踏む練習の時に活躍できる一足になっていそうです。

アルファフライをレースで用いるためにテンポネクスト%がトレーニング用シューズの位置づけになっているようですね。

ヴェイパーフライが登場した時も日々のトレーニングモデルとしてズームフライやペガサスターボが出ていましたが今回も似たような感じになっていますね。

ナイキ公式サイトでテンポネクスト%を見る

 

プレートはカーボンではなく合成素材

レース用のアルファフライには1枚のカーボンプレートが使われていますが、テンポネクスト%は合成素材のプレートを使っているようです。合成素材プレートはカーボンプレートより柔らかく長い距離を走る時に快適な履き心地を提供してくれるようです。

アルファフライ同様、前足部にズームエアポッドがついています。トレーニング用としてカーボンプレートを使ってしまうと反発が強すぎるので足への負担も考慮されているように感じます。

NIKE 公式オンラインストア

ミッドソールはズームXとリアクト

アルファフライのトレーニング用とだけあってテンポネクスト%も極厚底シューズになってますね!テンポネクスト%のミッドソールにはズームXとリアクトの2つを組み合わせているようです

けーたろ
けーたろ

ナイキの2つの代表的な反発ソールを合体させてきましたね!

ヴェイパーフライやアルファフライでお馴染みのズームXはテンポネクスト%だとミッドソールの中にあるプレートを挟みこむように搭載されています。ズームXはエネルギーリターンが半端なくふわふわのクッション材です。

リアクトフォームはかかと部分に使われていて、衝撃からの保護と耐久性を高めるために使われているようです。リアクトフォームは反発性に優れていてズームXと比べてやや硬めなので安定感も増しているような気がします。

推測にはなりますがズームXだとかかと寄りの着地の人は不安定になってしまいがちでしたがかかとにリアクトを使っているのでかなり安定感を感じられるようになっているのではないかと思います。

ナイキのソールについてはこちらの記事で詳しく書いています

ナイキのランニングシューズが人気でおすすめな理由
ナイキと言えば厚底シューズですが練習用のシューズでも多くのランナーに支持されています。なぜそこまでの人気があるのでしょうか?幅広い用途で使用できてデザイン性もありあらゆる素材を駆使しています。どんなものがあるのか、ナイキのランニングシューズの種類を分析してみました。

アッパーはニット素材

アルファフライのアッパーには超軽量で通気性が抜群のフライニット系のアトムニットというのを使用していましたがテンポネクスト%は弾力性のあるトランスルーセントのフライニットと合成素材のアッパーを使用しているみたいです。

フライニットで通気性の確保もしつつ、耐久性も考えられたアッパーになっているように感じます。

ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト% フライイーズ

もう一つ似たような種類のシューズでナイキ エア ズーム テンポ ネクスト% フライイーズというシューズも登場するようです。

けーたろ
けーたろ

見た目は全く違うけど同じような種類なのかな?

「フライイーズ」はテンポネクスト%と使わている素材自体は同じような気がします。ですがテンポネクスト%と大きく違う点があります。ナイキフライイーズは着脱のしやすいシューズなんです

フィット感や性能を妥協することなく、着脱のしやすさと固定感を追求したフットウェアシステム。

けーたろ
けーたろ

簡単に言えば他のシューズのようなフィット感だけどすぐに履けてすぐに脱げるって感じかな。

シューレースがなくなって一つの動作でシューズを履いたり脱いだりが出来る構造になっています。あまり想像できませんがフィット感を落とさずに安定感があるようです。簡単に脱ぎ履きが出来るのは結構便利かもしれませんね。

アッパー上部にある紐を引くだけで全体を締めることが出来て、アッパー下部を引っ張ると全体が緩むような設計です。そして、履く時も脱ぐ時も便利な「テールゲートシステム」という技術を使っていて足をシューズに滑り込ませやすくなっているようです。

ナイキ公式サイトでテンポネクスト%フライイーズを見る

価格について

まだ発売日が明確ではないため価格についての情報はあまり分かっていないみたいです。

正確な情報ではありませんが一つ情報を見つけたのは約2万円ちょっとくらいだそうです。価格については後々分かり次第更新します

価格は¥24,200でナイキ公式で販売予定です。Amazonでも販売が始まっていて¥23,000程度が多いです。

発売日について

テンポネクスト%とテンポネクスト%フライイーズは2020年夏ごろから秋ごろにかけての販売が濃厚みたいです。

発売日は8月27日(木)に販売されました。

この時期どのシューズメーカーさんも高性能シューズの嵐でどれを買おうか悩むところですね。今後、詳しい情報を知りましたら更新したいと思っています

NIKE 公式オンラインストア

まとめ

ナイキのアルファフライのトレーニングモデル2種類について調べてみました。アルファフライを持っている人はトレーニング用として使えますが、持っていなくてもテンポネクスト%とフライイーズは人によってはレースでも使える一足になりそうな感じがします。

どんなものなのかワクワクしますね!

メンズはこちら!

ウィメンズはこちら!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました