楽しく走るためのおすすめランニンググッズ >>

発達障害や身体障害を支援してくれる事業所って何?障害者でも就労出来るの?

仕事

発達障害や身体障害を持っていて仕事がしたくても出来なかったり、理解してもらえず仕事をするのが怖くなってしまって引きこもりがちになってしまう人は多いかもしれません。

しかし今、国によって障害者雇用が促進される制度によって障害者でも仕事がしやすい環境が整えられつつあります。

そして、障害者の方が就職しやすくするように支援してくれる事業所が多く出来ています。

どんな施設なのか詳しくまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

障害者の一般就労を助けてくれる事業所

ここで詳しく述べていくのは、一般的に働けるようにするために支援してくれる事業所をまとめました。大きく分けて3つに分類されます。

就労移行支援事業所

就労移行支援とは簡単に言うと、障害や難病を患っている人が働くための知識や技術を身につけて、一般企業への就職を目指す福祉サービスです。

学校のように通いながら仕事を見つけられやすくするためにスキルを磨いていきます。就労移行支援事業所は、民間企業やNPO法人、社会福祉法人が運営しています。

就労移行支援事業所に通える対象となる人は、18歳以上65歳未満の方。身体障害、知的障害、精神障害、発達障害や難病の方。一般企業への就労を希望し、就労が可能と見込まれる方となります。

内容としては、ビジネスマナーや挨拶身なりなどの習慣づけをしたり、自分のやりたいことや特性を活かした仕事に就けるように資格やスキルを身につけるトレーニング。

また、コミュニケーショントレーニングやウォーキング・スポーツなどちょっとした運動をしたりします。

就労移行支援は利用期間が定められています。最大2年間という期間がありますが、自治体の個人審査で必要性が認められるともう1年通えるようになります。

ただ、2年間の内に就職出来ればいいので何ヶ月かで就職できる場合もあれば、あまり自分に合わず早く退所することもできます。

障がいのある方の「働きたい」を支援します!就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)

就労継続支援A型

就労移行支援とは違い、利用者と事業所が雇用契約を結び、業務を行っていきます。基本的には一般就労と変わらない業務を行います。

違う点は、1日の就労時間が短いことと給料が低いことです。

雇用契約を結んでいるため最低賃金以上の給料は保証されます。

対象者となるのは18歳以上65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病がある方で就労経験はあるけど現在働いていない方や就労移行支援・特別支援学校で就職活動を行ったが雇用に結びつかなかった方が対象者となります。

利用期間は就労移行支援とは異なり、無制限になります。

就労継続支援B型

就労継続支援B型は、年齢や体力などの理由から企業等で雇用契約を結んで働くことが困難な方が軽作業などを通して就労訓練を行なうことができます。

年齢制限がなく、就労継続支援A型とは違い事業所と雇用契約を結ばないため、賃金ではなくて生産物の成果報酬の工賃が支払われます。

対象者は身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方で、就労経験があり年齢や体力の面で一般企業での就労が困難になった方や50歳になっている方。

また、障害基礎年金を受給している方、就労移行支援事業者などによって就労面の課題が把握されている方が当てはまります。

利用期間は就労継続支援A型と同じく無制限になります。

職場定着率90%!発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

就労支援を受けて自信を付け、やりたいことを見つけてみよう!

就労支援を受けることによって自分の障害の特性に合った仕事を探すことができ、自信をつけることもできます。

また、専門家による的確なサポートを受けることができるので安心して通えます。企業へ就職するにあたって、あらゆる関係機関と連携を取り、的確な福祉サービスを受けることができます。

そして、何より同じ障害を持った人たちと共に受けられるので精神的支えがあります。スタッフの中にも障害を患っている人もいるため接しやすい環境にもなっています。

事業所によって作業内容ややり方、雰囲気が違うため通いたいと考えている方はお近くの事業所を調べて、体験していただくことをオススメします。

気軽に体験等は出来るので興味があれば行ってみるのもいいかもしれません。障害者の雇用が多くなっているので今がチャンスです!

スポンサーリンク

走ることが好きだけどおとうふメンタルの持ち主。ゆるく走っている一般人です。
一応陸上経験者です。挫折を繰り返してゆるランの道へ。
得意なことを活かしたいと思いブログ始めました。
ブログではランニング・マラソン関連を書いています。

follow me
仕事
スポンサーリンク
Runと歩む

コメント

タイトルとURLをコピーしました